人の疲れる箇所はおおよそ決まっています。

その箇所が疲れることによって、
またその箇所をサポートするために次々と

カラダが疲れていく。

では、どの箇所が疲れてしまうと厄介なのか?
それは・・・

1.足裏

2.股関節

3.腰

4.肩関節

要は支えている箇所、支点となる箇所です。

今回は1.足裏についてお話ししていきます。

足裏は立ったり、歩いたり、走ったりするときに
一番最初にクッションの役割をする箇所です。

足裏にはアーチがあり、
足が着地した時にそのアーチが広がることによって
衝撃を分散してくれています。

足裏の筋肉(足底筋)が疲れて固くなってしまうと

アーチが広がらなくなるため
ガツガツと衝撃が吸収されず、

膝や腰に負担がかかってしまいます。

ですから、足裏を柔らかく保つことが
膝や腰を守ることにもつながるのです。

ソールの堅い靴や足に合っていない靴、ヒールの高い靴などは
足裏を固くしてしまうので注意が必要です。

足裏のアーチをキープするアイテムもありますので
それを利用するのもよいでしょう。

 

24時間足楽生活!疲れ知らずの【足裏アーチ形成サポーター】

 

 

スポンサードリンク