慢性の腰痛からの脱却

慢性の腰痛がつらい

慢性の腰痛

朝起きた時から腰が痛い、重い、だるい・・・

腰は字のごとくカラダの要
下半身からの突き上げを抑え、上半身の重みを受け止めるちょうど境目です。

生活しているだけで負担がかかている場所なのです。

慢性の腰痛の原因 

慢性の腰痛というのは、腰の筋肉の疲労が原因です。

立ちっぱなしや座りっぱなしによる同じ姿勢の長時間維持や
荷物の上げ下ろしや中腰、前かがみでの同じ作業の反復。

これらを毎日繰り返すことで、腰の筋肉が疲労し
カラダを支えられなくなり、至っては椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、側弯症、すべり症、脊椎分離症など骨・関節の疾病に繋がっていきます。

慢性の腰痛を脱却するには 

この疲労を軽減させること、回復させることが慢性腰痛から脱却することです。

軽減させるには
①筋力をつける
②サポーターを利用する

ただし、両方ともに注意が必要で

①筋力をつけるにはトレーニングが必要なのですが、
トレーニングをすること自体が疲労を招くということにつながります。

生活や仕事の負担度を考えて、プログラムすることが必要です。

我流やTV、youtubeでは逆効果になることもよくあります。

 

すぽるとではパーソナルトレーニングも行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

 

②サポーターを利用する

こちらは手軽に負担を軽減することができます。

その分、多用してしまうと筋肉がサポーターに頼ってしまい
弱くなってしまいます。

弱くなるとさらに疲労しやすくなってしまうので、
着けっぱなしは腰痛を悪化させてしまいます。

  

おすすめのサポーター

おすすめのサポーターをご紹介しておきます。

ワイヤーを引っ張るだけで腰をしっかりサポートしてくれます。

痛い時やだるい時に3日間を目安に装着してみてください。

 

多くの方が悩んでいる腰痛対策に!ベルトを巻いてワイヤーを引っ張るだけで絞められる簡単サポーター!!【腰椎コシビシベルト】

 

万が一に備えのサポーターとして持っていると安心です。

 

疲労を回復させる

筋疲労の回復は以前の記事(トレーニングは筋肉をつぶしてる)にも書いたように食事と睡眠です。

▷タンパク質と少しの糖質の摂取。

▷十分な睡眠時間(6~7.5時間)

 

慢性の腰痛の方は普段の生活が無意識にトレーニングをしてしまっている状態だと考えてください。

毎日、腰に負担がかかっていて、回復していないのです。

ですから負担の軽減と筋肉の回復に努めてください。

 

 

スポンサードリンク